妊娠中・出産の痔のトラブルへの対処法

コラム

妊娠・出産は、身体に様々な変化が起こりやすく痔もその一つです。

そのため、過去に痔を経験したことがない方でも妊娠・出産を機に痔になってしまうことがあります。今回は、女性に多い肛門疾患妊娠・出産との関係について解説します。

妊娠・出産と痔の関係

女性に多い肛門疾患はいぼ痔、切れ痔です。

いぼ痔

いぼ痔には肛門内にできる内痔核と、肛門外にできる外痔核があります。妊娠中の痔は、外痔核が多く、硬いしこりができ強い痛みを伴います。

肛門には排便時にクッションの役割を果たす部分があります。

いぼ痔は、この部分を構成する痔静脈叢(じじょうみゃくそう、静脈のあつまり)が詰まって腫れあがってしまうことで発症する病気です。また、内痔核が肛門外に脱出し戻らなくなった状態を痔核嵌頓(じかくかんとん)といい、時々見受けられます。

いぼ痔の対策について書いた記事はこちら

切れ痔

切れ痔は、肛門の上皮が破れたり、裂けたりしてしまう病気です。

主な原因は便秘・下痢で、硬い便などにより上皮が傷つけられるタイプ(急性裂肛)と、急性裂肛を繰り返すことで患部に細菌感染を起こすタイプ(慢性裂肛)があります。

排便時に鋭い痛みと出血が主な症状です。

切れ痔の対策について書いた記事はこちら

なぜ妊娠中に痔になりやすいのか

妊娠中の方はどのような理由で、「痔」が悪化するのでしょうか。要因・原因の中には女性の身体に関係しているものもあります。

黄体ホルモンによる影響

女性は妊娠状態を維持するために黄体ホルモンが分泌されます。この黄体ホルモンは妊娠を促したり、乳腺の発達を促進したりと妊娠・出産には不可欠なホルモンですが、大腸の動きを抑制し、水分も吸収してしまう働きがあるため便秘の原因になることもあるとされています。

また妊娠中は、大きくなった子宮が大腸を圧迫することにより、便秘になりやすくなります。

便秘は、肛門周辺の血行不良を引き起こしたり、硬い便が肛門周辺の皮膚を傷つけたりするなど、痔核や裂肛の原因になります。

血行不良

肛門周辺の血行不良は痔核の原因となります。

妊娠の時期でも妊娠中期・妊娠後期には血行不良により、痔を悪化させてしまう妊婦さんはとても多いです。

1.子宮による圧迫による血行不良

お腹の中で赤ちゃんが成長するとともに子宮は大きくなり、それに連れ子宮に肛門や直腸周辺が圧迫され血流が悪くなります。

2.運動不足による血行不良

健康で妊娠経過が順調な妊婦さんにとって、負担にならない程度の運動は体に良いとされています。(身体の状態にもよるため、必ず医師に相談してください。

しかし、お腹が大きくなるに連れ、なかなか思うように身体を動かすことができず、血行不良から痔の発症リスクが高くなってしまいます。

対策・改善方法

十分な水分補給を

便秘にならないためには、決まった時間にトイレに行くこと、十分な水分と食物繊維を摂ることを心がけましょう。

便秘解消・予防するには、食物繊維が豊富な食物の摂取、乳酸菌の摂取、十分な水分補給も大切です。また、食物繊維には水溶性不溶性のものがあり、便秘時には水溶性食物繊維の食べ物を摂取することがおすすめです。

便秘にならないための食生活について詳しく書いた記事はこちら

血行をよくしよう

妊娠・出産後の運動に関しては専門家に相談し、可能な範囲で身体を動かし血行不良を少しでも改善できるよう心がけましょう。

また、入浴はシャワーだけで済ませるのではなく、湯船につかりゆっくりと体を温めるようにしてください。(事前に医師・専門家に確認してください)

治療はするべきなのか

妊娠中に痔になった場合、緊急性があるもの以外、手術を行うことは稀です。

身体への負担を避けるため、妊娠中は外用薬や内服薬により症状を抑えて経過を観察し、手術は必要に応じて出産後に考慮します。

治療に使われる薬は内服薬よりも安全な外用薬が多く用いられます。

しかし、妊娠中の大量・長期間の使用は避ける方が無難です。

何科に行ったらいいのか

かかりつけの医師がいる場合は、先に相談しましょう。

週数、持病、合併症、胎児の状態によっても対応が異なってきます。

多くの場合、生活指導や薬での治療が受けられます。 の状態がひどい場合は、消化器内科、消化器外科、肛門外科へ受診をすすめられる場合があります。

まとめ

妊娠、産後は身体の変化を伴うため気を付けていても痔になってしまうことがあります。

体調が落ち着いていれば

  • 適度な運動
  • 腰・お腹などを温めて血行不良を予防
  • 水分補給
  • 便秘予防と改善

と、「痔」の発症リスクを軽減させることは可能です。

女性にとって「痔」は恥ずかしいと思ってしまう病気だと思います。

しかし、「妊娠している人にも痔を経験している人も多いんだ!」と前向きに考えることで一人で悩むことなく適切に対処することができます。自身で予防、改善を試みても症状が治まらない場合は、ひどくなる前に医師に相談しましょう。

痔は決して恥ずかしいことではありません。

コメント