おしりが痒いのは痔!?痒みを伴う痔の対処法を解説

おしりが痒いのは痔!?かゆみを伴う痔の対処法を解説 コラム

仕事中、外出先でおしりがなんだか痒い…。
でも人目が気になってなかなか掻いたりできない。そんなの辛いですよね。

おしりが痒くなる原因は様々ですが、痔が原因となっている可能性があります。また、痔は「痛い」「出血する」といったイメージが強いですが、人によっては強烈な痒みに襲われることもあります。

この記事では、痒みの原因を解説するとともにその対処法をお伝えします。

辛いおしりの痒み、我慢しなくても改善することができます!

おしりが痒くなる原因は?

おしりが痒くなる原因は、いくつか考えられます。

ウォシュレットの使い過ぎによる乾燥

普段ウォシュレットを使うことが多い人の場合、使い過ぎが痒みの要因となっている可能性があります。

特に最近のウォシュレットは、自動的に温度調整を行ってくれるものが一般的で、とても便利ではありますが、一方、ぬるま湯で洗浄することで皮脂まで洗い流してしまい、おしり周辺の皮膚を乾燥させてしまうこともあります。

結果、乾燥すると、少しの刺激でも痒みやヒリつきを感じやすくなるのです。

心当たりがある場合は、ウォシュレットを使う頻度を減らし、やさしく丁寧に拭くように心がけましょう。

ウォシュレットの正しい使い方について書いた記事はこちら

便などの汚れの付着

やわらかい便が出たときは、便がおしりに付着することで刺激となり、痒みが起きている場合があります。やわらかい便が肛門のシワに入り込んだ状態は、不潔で決して良い状態とは言えません。

そうならないよう、丁寧に拭く、必要に応じてウェットティッシュを使うなどして、清潔に保ちましょう。

最近は、仕上げ拭き用のやわらかいトイレットペーパーも売られています。

ぜひ活用してみてください。

痔核(いぼ痔)によるもの

おしりから何か出ている・ベタつくなどの自覚症状もある場合は、外に飛び出た痔核(いぼ痔)が下着にこすれて痒いのかもしれません。

いぼ痔についての詳しい記事はこちら

切れ痔の治りかけ

切れ痔の治りかけにも、強い痒みを感じることがあります。

放っておくと痒みが悪化することがあるので、早めに対処することが肝心です。

痔による痒みかどうかを判断するポイント

では、痔による痒みかどうかを判断するポイントを見ていきましょう。

痔による痒みだと判断できれば、その後の対処法も見えてきます。

肛門から痔核が出ているかどうか

まずチェックしたいのは、肛門から痔核(いぼ痔)が出ているかどうかです。

いぼ痔が悪化すると、排便の際に外に飛び出るようになります。

早めに病院を受診して適切な治療を受けるのはもちろん、排便後に丁寧に拭く・ウォシュレットで軽く洗うなどして対策しましょう。それでも改善しない場合は、別に原因・要因がある可能性があります。

肛門周辺が直腸からの粘液でべたつき、かぶれているかどうか

肛門周辺、または下着が粘液などで汚れているかどうかも大事な判断のポイントになります。

直腸からの粘液が肌に付くことで、べたつき、かぶれて痒みを引き起こすことがあるからです。

直腸からの粘液によるかぶれが見られるときは、かゆみだけを止めようとするのではなく、原因となっている”いぼ痔”をしっかり治すことが重要です。

脱出した痔核によるかゆみの対処法

排便の際などに出てきた痔核(いぼ痔)によって強い痒みを感じるときは、

次の方法を試してみましょう。

対処法その1 かゆみ止め成分が入った薬を使う

即効性があるのは、痛み止め成分が入った薬を使うことです。市販の軟膏やクリームの中には、痒み止め成分や、メントールなどを配合したものもあります。

塗る際に手は汚れますが、素早く痒みを鎮めてくれるので1本持っておくと重宝します。

最近は、べたつきにくいジェルタイプの薬も販売されています。

オシリア

Amazonはこちら
楽天はこちら

オシリアは、肛門のことを考えて開発されたお薬です。

肛門のかゆみを、素早く元からしずめていきます。

さらに、炎症を抑え、かゆみ・腫れ・出血をしずめます。そのうえ、患部を殺菌し細菌の感染を防ぐので、患部を清潔に保つことができます。肛門のつらい痒みには、おすすめの商品です。

ボラギノールM軟膏

4種の成分がはたらいて、痔による痛み・かゆみにすぐれた効果を発揮します。
リドカインという成分が痛み、かゆみをしずめます。グリチルレチン酸という成分が炎症をやわらげ、痔の症状の緩和を助けます。アラントインが傷の治りを助け、組織を修復するとともに、ビタミンE酢酸エステルが血液循環を改善し、痔の症状の緩和を助けます。

Amazonはこちら
楽天はこちら
公式はこちら

対処法その2 通気性の良い下着を身に着ける

体にぴったりとフィットする下着は、ムレて痒くなりやすいので、あまりおすすめできません。

痔核(いぼ痔)による痒みを抑えたいのであれば、体にぴったりフィットする下着よりも、少しゆとりのある下着の方が通気性が良く、ムレにくいので、通気性が良い素材でできた下着を身につけましょう。

対処法その3 ウォシュレットなどで軽く洗う

粘液でおしりが汚れているときは、ウォシュレットなどで軽く洗うのも効果的です。洗った後は、やさしく丁寧に拭きましょう。

ただし、痔はデリケートなので、上記に書いたように勢いの強い水流で洗う・お湯で洗うのは避けてください。

ぬるま湯でやさしく、サッと洗うに留めるのがポイントです。

おしりにやさしいトイレットペーパー

トイレットペーパーには、材質に違いがあり、おしりにやさしい素材、そうでない素材があります。

特に悩みを抱えていなければ、何を使っても特に影響はありませんが、痔、かゆみなどの自覚症状を感じている方は、トイレットペーパーから見直してみるのもおすすめです。

管理人がおすすめしたい痔持ちのためのトイレットペーパーを紹介します。

花王 サニーナ トイレットロール


楽天はこちら
公式はこちら

保湿成分「スクワラン」を配合した仕上げ拭き用のトイレットペーパーです。

ひんやりせず、サラッとやわらかな肌触りがポイント。ノンアルコールで刺激が少なく、使い終わった後はトイレに流せます。

まとめ おしりのかゆみは原因を見極めることが大切

おしりが痒くて我慢できない!

そういうときは、一先ず病院に行く前に薬を使ったり、ウォシュレットで軽く洗ったり自分で出来ることで様子を見てもいいかと思います。

しかし、これらの方法は根本的な原因を取り除くものではないので、頻繁に痒くなるようであれば、早めに病院を受診して、かゆみの原因を突き止めましょう。

 

 

コメント