恥ずかしい?痔でも脱毛できるのか各社の対応を調べてみた!

痔でも脱毛は可能?各社の対応を調査! コラム
J子
J子

痔でも脱毛できるの・・?

痔持ちの方なら一度は気になったことあると思います。

近年人気が高まっている脱毛サロンですが、今回は痔がある場合にVIOのレーザー脱毛は可能なのか」各社の対応について調査してみました。

痔がある場合、対応していない脱毛サロンが多い

結論から言うと、全ての脱毛が受けられないわけではなく、VIOやOラインのみなど痔にかかわる部位の脱毛ができません

理由としては、痔がある状態でレーザーを当てると負担をかけてしまうことになるからです。

J子
J子

そのため、多くのサロンやクリニックでは脱毛不可となっています。

症状によっては施術可能な場合はある

しかし、絶対に脱毛NGかと言われれば、必ずしもそういう訳ではありません。

症状が軽い場合や自覚症状がない場合、施術を行っている脱毛サロンなども一部あるようで、痔を患っていても種類や症状によっては施術可能なケースもあります。

検討している方は、事前に確認しておくことをおすすめします。

脱毛するなら先に治療しておくべき

どうしても脱毛したい、恥ずかしいという理由から痔であることを隠して契約する方もいますが、後々トラブルになってしまうことがあります。

そうならないためにも必ず事前に申告するようにしましょう。

仮にばれずに施術できたとしても痔に悪影響を及ぼす可能性もあります。脱毛したいのであれば、痔を治すことを優先してください。

痔に効く市販薬について詳しく書いた記事はこちら

VラインやIラインの脱毛は可能

はじめに説明した通り、Oラインの脱毛は痔持ちの方にとっては難しいのであってVラインやIラインの施術自体は基本的に問題なく行えます。

施術出来ない理由

おしりが痒いのは痔!?かゆみを伴う痔の対処法を解説

多くのサロンで痔がNGとなっている理由としては、以下のような点が挙げられます。

刺激が強すぎる

レーザーを照射すると、肌は少なからずダメージを受けてしまいます。

これは肛門周りの皮膚も同じです。照射された部分が熱くなってしまうことで、炎症が引き起こされたり、うっ血がさらにひどくなってしまったりすることがあります。

J子
J子

ちなみに、痔ではない方がOラインにレーザーを当てたからといって痔になることはありません。

照射が難しい

患部を避けてレーザー照射すれば良いのでは?と考える方もいるでしょう。

しかし、実際に確認したところ”肛門付近の脱毛をする際に痔の部分だけを避けるのは非常に難しい”とのことでした。

理由としては、「痔核が複数個ある方も多く、患部のみを避けて照射するのは困難なだから」とのことです。

J子
J子

スタッフの負担が大きくなること、後にトラブルにも繋がりかねないことから、原則として痔の方の施術を禁止しているサロンが多いようです。

痔への対応に関する各社のコメント

多くの脱毛サロン・クリニックでは、「痔がある場合の対応」についてホームページ上で記述しています。

以下、各社のコメントをまとめてみました。

炎症がなければ可能です。

イボ痔など炎症がなければ、該当部分を避けて照射いたします。しかし痔ろうや切れ痔など、周囲の皮膚に傷や腫れがある場合は施術は行えませんので、完治してからご予約ください。

引用元:リゼ「よくある質問」

当院は、「痔」の症状をおもちの患者さまのOライン脱毛(肛門周辺の脱毛)をお断りしています。現在「痔」を患っておられる患者さま、もしくは「痔」が疑われる症状をお持ちの患者さまは、先に「肛門科/肛門外科」をご受診いただき、痔の治療を済ませた後にOラインの脱毛施術へと進んでください。

引用元:ジュエルクリニック恵比寿

可能ですが先に痔の治療をすることをお勧めします。

もちろんレーザー照射によって痔が悪化することはありません。ただし、痔の症状にもよりますが、激しい痛みを感じたりすることがあります。

引用元:メンズリゼ

痔がある方でも医師の診察にもとづき、Oライン脱毛施術を受けられます。
ただし、痔による炎症や傷、隆起がある箇所を避けてレーザーを照射するので、Oライン全体の施術を希望される場合、痔の治療を優先いただくようお伝えしております。

引用元:フレイアクリニック

ご覧の通り、痔がある場合の対応は各社異なっています。

痔の種類や患部の状態によって、Oライン脱毛の施術可能なところもあるため、必ずカウンセリング時に相談しておきましょう。

まとめ

  • 痔の場合は基本的に脱毛NG
  • 不安な場合は必ず事前にカウンセリングを受ける
  • 痔の治療が最優先!
  • 症状によっては施術可能な場合もある

VIOの脱毛などをしたい場合は、痔に限らず少しでも具合の悪い部分があれば、事前にカウンセリングなどで相談するようにしましょう。

症状次第では施術可能なこともありますが、基本的にOラインの脱毛は不可となることが多いです。

J子
J子

もし脱毛できなかった場合は、痔の治療をきちんと行って完治してからになるので、脱毛よりも痔の治療を優先させましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント